RSS | ATOM | SEARCH
津島線に乗って甚目寺観音へ あま市

甚目寺観音の南大門が鎌倉時代のものだと知って、甚目寺観音に行ってみる事にした。電車で「庄内川」を渡り、津島に行った時と同じ名鉄津島線で「甚目寺(じもくじ)駅」に向かった。この沿線は、信長とその仲間を思い起こさせる尾張の古い町が多いのかな?と思ったりする。

 

甚目寺駅に初めて降りた。町中の小さな駅。駅から徒歩5分くらい。甚目寺観音までの町並みは昭和な感じだった。

最初に目にするのは東門。これは江戸時代の建築だった。東門の左側に目当ての南大門が見えた。「見たかったのは、これだ」と近づいてゆく。

南大門

南大門の前にあった道しるべ。「右 つしま」とある

解説

福島正則が寄進した仁王像

甚目寺観音の伽藍の配置を見ながら、荒子観音と似てるなぁと感じる。あそこは、前田利家の地元だった。ここは、福島正則の地元なのか?甚目寺駅を津島方向に1つ進んだところに「七宝(しっぽう)駅」があるが、七宝駅の近くに前田利家の妻となった「まつ」の生誕の地がある。信長チーム勢ぞろい的な場所で面白い。

甚目寺観音本堂

三重塔 (江戸時代建立)

解説

この前、志段味古墳ミュージアムに行って、古代の庄内川沿いに人が住んでいて、移動に船を使ったと知った。1400年前の地図では、この津島線辺りの場所は海の中にあったり、海に面していた場所ばかりだったように記憶している。

で、また妄想してしまうんだ。古代とか中世は、きっと水上交通の要所に人が多く集まっていたんじゃないか?って。そういう場所がきっと今でいう都会で、豊かな人が比較的多く集まったり、そういう人に近づきたい人が比較的自由に行きかっていたんじゃないのかな?って。信長とその仲間は、そういう場所に出入りした若者だからこそ、何かの刺激を受けて、自分でも何かできると思ったんじゃないのかな??なんて、色々妄想中。

 

三河出身の私の目に、国府宮とか、津島、甚目寺、荒子の雰囲気がなんとなく似ているように見えるのは、やっぱ違いの分からない三河人のせいかも知れない。もうちょっと尾張を歩き回って、違いの分かる三河人になりたいと思う。

 

 

 

author:1230fan, category:尾張, 00:16
comments(0), -
おかざき かき氷街道スタンプラリーに参戦

はからずも、おかざき かき氷街道スタンプラリーに参戦することになった。この頃、30度超えだったり熱帯夜だったりで、気分は、かき氷さんへGOだった。岡崎の友人を誘い、かき氷専門店に行った。すると同じ事を思う人が多いらしく、店の駐車場は一杯で、入店待ちのお客さんは私達の前に30組以上いた。名簿に名前を書いて、待ち時間に友人を近くの天恩寺へ案内する事にした。

スタンプラリー帳

去年、ここへやってきている私は知った顔でお寺を案内していたが、境内に入り、友人にお寺を指さしたところで、「あれ?」と思った。「なんか 去年と違うぞ〜」と思う。隣の友達が「屋根がピッカピカだね」と言った。室町時代のお寺の屋根の四隅が上がっていて、鶴が空に飛び立つ前に羽を広げた時の綺麗なフォルムは去年と同じだったが、確かに去年と屋根が違った。吹き替えてあったのだ。「とんでもなく綺麗じゃないか!」と思う。

2020年6月確認(天恩寺)

2019年GW頃確認(天恩寺)

2020年6月確認

2019年GW頃確認

吹き替えられていたなんて全く知らなかったので、屋根フェチの自分にはラッキーだった。しかし、暑いこと、この上なし。汗が噴き出す。天恩寺の駐車場にも「かき氷屋さん」があるので、ここでかき氷を食べることにした。かき氷が一杯、1000円以上という看板を見て、正直少し後ずさってしまったが、あの行列のかき氷屋に戻る気もすっかり失せていたので、ここで一服で良いやと腹を決めた。

ブルーベリーのかき氷

かき氷街道スタンプラリー帳は、御朱印帳のような趣向で行く先々で御朱印が貰えるようだ。期限は9月30日だそうだから、この夏の間にゆっくり回ってみようかなと思う。

 

author:1230fan, category:三河, 21:51
comments(0), -
志段味古墳ミュージアム 名古屋市守山

前にこの「しだみ古墳ミュージアム」を訪ねた時は、オープンして割合すぐの頃の午後の時間帯で、駐車場が一杯で諦めた。その教訓を活かし、今回はオープン時間の9時少し過ぎにやってきた。駐車場はガラ空きだった。嬉しかった。

新しい上、常設展の入場料は200円と安い

朝10時30分からの古墳見学ツアーに申し込み、それまでの間に常設展示を見た。

館内は古代人の可愛いイラストで飾られている。

この階段の下で集合したが、今日は結構人が集まり、2つのグループに分かれて、見学することになった。この階段を上がった先の扉から外に出ると、古墳がいっぱいの公園が広がっている。

案内板

私の組は、看板の右側の大久手3号墳、西大久手古墳、東大久手古墳、大久手5号墳、で最後に志段味大塚古墳を見るコースを歩いた。広々した緑豊かな公園で、古墳に興味が無くても、お弁当を広げて、のんびりするには良い公園だった。

奥、右が大塚古墳(復元古墳)

古墳の表面の石は、装飾的に埋め込まれているが、元々がこうなのだそうだ

常設展の入口を入ってすぐのところに、スイッチを押すと、壁をスクリーンにして古墳時代の志段味の営みがアニメーションで流れる。それがとても分かり易かった。ここが1400年前、どんな風に人が暮らし、古墳はどういう経緯で作られる事になったのか、また古墳群になっていく経緯もよく分かった。その隣の壁に1400年前の愛知県の絵があった。それがやっぱり興味深かった。猿投神社から出てきたとされる1300年前の地図と少し違うけれど、やっぱり海面が今より高く、海岸線が違う。

志段味古墳は庄内川近くにある。

常設展の展示品の中に、この前知多市歴史民俗博物館で見た製塩土器の軸が少し太いものを見つけた。隣に使い方を説明するイラストがあった。私はそれを見るまでは、アロマポットのような軸受兼炭入れのようなものに製塩土器を挿して、じわじわ時間をかけて、海水の水分を飛ばすのかと想像していた。だが、違った。古代人は野焼きしている地面にいくつもの製塩土器の軸をグサ、グサ、グサッと刺して、ぐわっと水分を飛ばして塩を作っていたようだ。想像していたより、ずっと合理的だ。

帰る直前に常設展示室に入った時に、二人の男性が古墳時代の頃の天皇の話をしていた「継体天皇がどうのこうの」「武烈天皇がどうとかこうとか」片耳をダンボにしながら、どこにでも詳しい人はいるもんだと感心した。

author:1230fan, category:尾張, 00:35
comments(0), -
額田郡幸田町 深溝(ふこうず)地区にある本光寺

梅雨入りしたのか、ともかく3日ばかり雨続き。昨日は知多半島に出かけたが、目当ての場所はコロナのせいか閉まっていた。どこが開いているのか?よく分からなかったが、用事があって、幸田町に来た。それで、「そうか、この季節なら、あのお寺に行ってみるか」と思い付き、JR三ヶ根駅の近くにある「本光寺(ほんこうじ)」に行ってみた。JR三ヶ根駅の東口に大きな立て看板があって、「椿とあじさいのお寺」だと宣伝しているのは知っていたが、単に「お花で観光客を呼び込む観光寺なんだろうなぁ」と思っていた。ところが、行ってみたら、ごめんなさいだ、とんでもなく結構由緒正しいお寺だった。

あじさいの咲く参道

徳川家康の先祖の分家筋の深溝松平家と関係のあるお寺

コロナの影響で「紫陽花祭りは中止」だと駐車場に看板が出ていたが、紫陽花の見ごろだと知っている人で駐車場はいっぱいだった。

本光寺本堂は改修中で、来年夏頃までお参りはできない。

改修中

お寺も紫陽花も想像していたより、ずっと規模が大きかった。

本堂から花園の入口

ちょっとイングリッシュガーデン風に写真を撮りました

これもそう

可愛いでしょ

正直、濃いピンク、薄ピンク、白、紫、青、さまざまな紫陽花が満開で、写真を取りまくっておりました。全部を見せられないのが残念。

このお寺を建立した深溝松平家は、家康の6代前のご先祖の松平信光の子供、松平忠定を初代とするお家。この初代によって1523年にここは建立されたんだそうだ。境内の西区画に代々のお墓があります。ホント由緒正しい感じがプンプンするお寺で、観光寺だろうと見くびっていた自分が恥ずかしかったです。

まぁ、歴史は知らなくても、ともかく、「ここの紫陽花、一度どうでしょう?」と言いたくなるような見事さです。ぜひ、ぜひ。

 

author:1230fan, category:三河, 23:40
comments(0), -
知多半島ではなくて、知多市の歴史

コロナの自宅待機の規制は多少緩和されたが、まだ世の中はコロナにご用心と警告してくれている。そんな中、選んだ行先は知多市歴史民俗博物館。ネット検索した時「知多半島 歴史資料館」をキーワードに検索していたので、たどり着いた先に「知多市歴史民俗博物館」とあるのを見た時には、「あれ?知多半島全体の歴史博物館にやって来たつもりだったのに、知多市の歴史博物館に自分は来たのか」とちょっと驚いてしまった

知多市歴史民俗博物館  立派だ。

知多市の博物館だ

こういうご時世で、こういう場所に来る人は、ほとんど無い。私の前に2人。私が帰る頃に1人入ってきた。入場無料。コロナの影響があり、受付で連絡先を書くよう促された。館内展示をざっと見て、受付に戻って、「写真を撮って良いですか?」と聞いたら、断られた。そうだろうなと思って、見て回っていたら、さっきお断りになった受付嬢が「人が少ないので、他の方が写真に入らないように取るなら、良いですよ」と特別にオッケーを出して下さった。ありがたい。

これは知多半島。さて知多市はどこ?

上の写真は知多半島です。その知多半島のどこに、知多市はあるでしょう?なんて質問をされたら、私は愛知県民ですが、知多市を指させません。なので、これをまじまじと見、実線で囲われた知多市を見、「ここが知多半島における知多市の位置か」と見ていた。

奈良時代に塩を献上していたそうだ。

常設展示のメインテーマは知多市の生業(なりわい)のようだ。縄文時代や弥生時代の土器展示はあった。奈良時代に都に塩を献上した記録はある。けれど、不思議と平安時代、鎌倉時代、室町時代、戦国時代、江戸時代などの展示はなかった。農閑期に出稼ぎでやった尾張万歳、漁業、知多木綿などの生業に関する展示が充実していた。特に凄いと感心したのは漁業、船の展示だ。

マンガ漁の船

金属に網をつけて海に投げ入れて、エビや魚を取る漁

昔、三河の知り合いから「マンガンに行くけど、どうだん?」と誘われた事がある。そのマンガンは船で沖の方に出て、底引き網みたいなものを海に投げ入れて魚を取るという漁だと教えられたので、たぶん、このマンガ漁の事じゃないか?と展示を見ながら思った。

そして、ついでに思った。「その時、行かんどいて、良かった」と。

行っていたら、絶対船酔いして、白目をむき出しにして倒れていたかも知れない、と展示物で分かった。

 

 

author:1230fan, category:尾張, 00:32
comments(0), -
運動不足解消には良い池 三好池 みよし市

コロナ対策で外出自粛が続き、体重が増えてしまった。家の周りを犬を連れずに歩くと、ちょっと変な人に見えてしまうので、「どこか気軽に歩き回れる場所は無いかな。できれば、涼しくて、今まで一度も行った事が無い場所」、「池でボート競技の練習をしているのが見れたら、涼しいわなぁ」と想像して、みよし市の三好池にやってきた。池に一番近い7番駐車場に朝8時半前に到着。結構 車が停まっていた。「こんなに人が来るんだ」と驚いた。

さて、池だ、池にボートはあるかと、池に近づくと、池に水が無い!

なんでも大地震に備えた工事らしい。令和3年の年末まで続くんだそうだ。

工事中

底が見えている池。ボートどころじゃない。

池の周りは確か4.5キロのトリムコース(トリムってどういう意味なのか不明)で、朝から、ランニングしている人が結構いた。池に水は無いけれど、私は、とりあえず歩いてみることにした。

池から見える みよしの街

最初は走る人ばかり目について、その中をテクテク歩く自分が恰好悪いと感じた。しかし、そのうちに凄い勢いで走る人、ジョギングする人、仲間と連れ立ってお喋りしながら小走りする人、私のように歩く人、反対方向からやってくる人と遭遇。それぞれ誰かに迷惑を掛けなければ、好きにやっていて良いんだなと安心した。

本当に4.5キロだとすると、私の足だと1時間30分程度はかかる。この頃、家の中くらいしか歩いていなかったので、凄い運動だ。

コースはアスファルト舗装されていて、木陰のところが結構ある。その上、トイレも所々に設置されている。かなり利用しやすいと感じた。歩いて行った先に三好池が「ため池100選に選ばれた池だ」と案内する看板を見た。うちに帰ってきてから、誰が「ため池を100選しているのか?」を調べたら、農水省だった。愛知県には、この三好池のほかに、犬山市、田原市に100選に選ばれた池があるようだ。知らんかったなぁと思う。

手前の植物はあじさい、奥左の建物はトイレ

三好池はウォーキングもランニングも楽しくできる、さすがため池100選の池だと思う。

 

 

author:1230fan, category:西三河, 09:31
comments(0), -
桜井神社周辺チョロチョロ 安城市

行き慣れた町でも、今までとは違う観点で出かけてみると、全然知らない町だ。今回は安城市の桜井にある桜井神社に行ってみた。

緑色の箇所は鹿乗川流域遺跡群

桜井神社は緑色ハッチングのごく近くに位置する

地図の鹿乗川流域となっている方向に広がる田んぼ

桜井神社の始まりは、古墳時代らしい。とんでもなく古い。

桜井神社のそばには住宅街もあり、その神社が古墳時代からあるなんて違和感はある。けれど、神社の本殿はどうやら室町時代のものらしい。屋根の感じがそんな感じ。

正面は拝殿で、その奥が拝殿。横から塀の中の本殿の屋根は見える

この場所から、すぐ左脇に桜井弁財天を祭った鳥居がある。また左折して住宅のある方向に行くと、すぐ印内薬師のお堂がある。

印内薬師の案内板

お堂

薬師如来坐像

この薬師如来さんは平安時代末期の作だそうで、安城市内で一番古い木造彫刻だそうだ。身近な安城市に平安時代の仏像があるとは、少し後ずさりしそうになったが、お堂のガラス戸の上部にガラスのない窓があり、そこから中を覗き見ることができる。

 

古墳時代、平安時代、室町時代と、ともかく、ここは長く人が集ってきた場所なのだ。う〜ん、どうして、ここに?謎だと思う。

 

さて、そろそろコロナによる外出自粛が少し緩みそうだ。また、少しづつチョロ活を始めたいと思う。

 

author:1230fan, category:西三河, 13:44
comments(0), -
鹿乗川に沿って探検 安城市

コロナ対策で不要不急の外出はしないようと言われている。なので、安城市に用事が出来たついでに、チョロっと探検に出た。知らなかったが安城市にも結構な歴史がある。特に気になったのは古墳だ。

人から頂いたこの折り畳みパンフレットにあった古墳の中から一番古そうだと思えた姫小川古墳に行ってみた。カーナビで「姫小川古墳」と入れてみたが検索できず、仕方ないのでネット検索して住所を調べた。この姫小川古墳は古墳時代前期(4世紀)の前方後円墳で、円墳の部分の高さが結構ある(高さ9m)。今は後円部に浅間神社がある。

 

姫小川古墳の浅間神社

参道を上がっていく。ここが古墳の後円部にあたるらしい

階段下からの写真

浅間神社

姫小川古墳の周辺は民家が立ち並んでいる。ここがかなり古い時代の古墳だと思われているかどうか?地元の小さな神社という感じで受け入れられているんじゃないかと感じた。最寄り駅は名鉄桜井駅で姫小川町芝山交差点付近に姫小川古墳の案内板はあった。

 

この姫小川古墳のすぐ東に鹿乗川がある。安城市史を読むと、安城市の古い時代の記述に、この鹿乗川は主役級の川として結構登場する。でも、今の鹿乗川は私が目にした限りでは川幅が狭くて、この川の流域に何かあったとは思えない川になっている。

だから、歴史のパンフレットの古墳をや史跡の分布を見ながら、昔はどんな川だったんだろうと想像している。

 

 

 

author:1230fan, category:西三河, 09:13
comments(0), -
空海さんが来られたお寺 岩屋寺 南知多

南知多にある岩屋寺は715年に行基菩薩が導師となって聖観音の開眼供養が行われたのが始まりで、808年には空海さんが来られたらしい。お寺で流していたローカル局の特集ビデオによると、空海さんは船から南知多の様子を見て、故郷の讃岐に似ているとおっしゃり、この地がとっても気に入ったので3回ほど来られたとか。私がここに来た目的は、空海さんが開いたと言われる「奥の院」を見るためだ。

桜の頃にでかけた。駐車場から見るお寺

あんまり予習していないので、こういう看板をよく読む

本堂

経堂

「奥の院」を目指してやってきたが、本堂にいたお寺の方に直接聞くのが照れくさく、私より先に来たご夫婦への道案内を私も少し後ろで聞いた。

奥の院。岩屋と呼ばれる場所は赤い塔の右上にある

赤い塔の右に、「奥の院」の看板がり、その階段を昇っていくと、建物で覆われた岩窟がある。岩肌にごく近いところに祈りをささげる場所と護摩をたく場所があった。参拝者にとっては、一番奥まった場所が祈りの場所なので、そこは薄暗くて、よく見えない場所だった。近づきがたい場所という雰囲気だった。私はその雰囲気に少し飲まれたが、壁際のベンチに少しの間座って、薄暗い岩壁と祈りの場所を見ていた。

古いお墓。刻まれた名前を見ると偉いお坊さんのお墓っぽかった

奥の院を後にして、本堂に戻ることにした。参道に面して苔むした墓石がいくつもある。お墓を見ると参道に向かって、亡くなった人の名前というのか戒名というのかが刻まれている。で、私はふと思った。

「空海さんは、岩壁に向かって、お経を唱えていたのかなぁ?」と。

このお墓のように参道側、岩壁を背に眼前に開かれた森の方に向かって、読経したりしていなかったのか?と。

 

帰宅してから、たまたま手にした本に空海さんの著書「三教指帰(さんごうしいき)」が紹介されていた。で、その本のあらすじを調べてみると面白い部分があった。「山中で真言を唱えていると、そのこだまが谷に鳴り響き(岬の洞穴に座って、広がる空と海に対峙し、真言を唱えている)、虚空蔵菩薩の化身とされる夜明けの明星が私の体内に飛び込んできたのです」

ここだけ見ると、空海さん、もしかしたら、南知多の岩窟でも、広がる空と森に対峙して真言を唱えていたかも知れない、、なんていう私の妄想もありかも知れないと思ってしまった。

 

1200年以上も前の事だから、本当のところは分からないけれど、森の中に伸びやかな声で朗々とお経が響き渡っていたとしたら、聞いてみたかったなと思う。

author:1230fan, category:知多半島, 00:00
comments(0), -
そこに桜があるから・・・豊田市鞍ヶ池公園

先週金曜、桜を目当てに鞍ヶ池公園に行った。ここのアートサロンに絵を見にくる事はあっても、公園で憩うなんて事はした事がなかった。「公園で憩うなんて、なんだか恥ずかしい〜。」と思っていた。やってきてみたら、桜が!桜が!と次々桜が目に入って、「憩う事なく」追いかけるように歩き回ってしまった。

駐車場からすぐ見えた風景

白い最中みたいな屋根の下、人々が憩う

遠くに小高い丘、そして桜

グランドに立って、丘の桜の木々を見る。「近づいてみたい」と思う。そして、歩く。桜が無かったら、きっと、「うひゃ〜丘まで遠いなぁ。もうここで良いやぁ〜」と思っていただろう。

丘の中腹の桜の木まで近づこうと、また歩く

近づいたら、こんなふう。素晴らしい桜

そこから振り向くと、やってきた道のりが。。

欲は出るもんだ、違うアングルで写真が撮りたくて、また歩いたら、こう

何かあるんじゃないか?とがんがん上へ上へと歩いてきたら、なんと鞍ヶ池PA

鞍ヶ池公園から鞍ヶ池PAまで歩いて行けるんですね。全然知りませんでした。写真のユキヤナギの奥はPAの展望台でしたが、コロナの影響で立ち入り禁止になっていました。残念。

展望台のそばから見た眼下の風景

「そこに山があるから」と山のてっぺんを目指して歩いて行く人がいる。私の場合、「あそこに桜があるから」と小刻みに上ってきたら、鞍ヶ池PAの展望台にたどり着いた。こういう「オノボリさん」を誘導するかのような桜の配置じゃないか?と思うほど、まんまと歩かされた。なかなか良かった。楽しかった。

 

 

author:1230fan, category:西三河, 21:27
comments(0), -