RSS | ATOM | SEARCH
やっとかめ文化祭で名古屋弁講座を受ける

10月26日から11月17日の間、名古屋の地元文化を色々な形で発信するイベント「やっとかめ文化祭」が開催された。3年前に初めて知って、2年前に初めて「名古屋の和菓子屋さんから和菓子作りを学ぶ講座」に参加し、今年は「正調名古屋弁を学ぶ」講座に参加した。

やっとかめ文化祭のチラシ

「愛知県人なのに、わざわざ名古屋弁講座に行くの?」と、さも言いたそうな顔で笑った他県民の知り合いがいた。笑ってしまう気持ちはよく分かったので、私は大真面目に言った。「あたし、愛知県民だけど、名古屋人じゃないもんで、ちゃんとした名古屋弁が話せないじゃんねぇ〜。それに久しく品の良い名古屋弁を聞いてないもんで、聞きたいじゃんねぇ」私の言葉は西三河弁だ。名古屋弁の特徴的な語尾はマネできても、本物の名古屋弁は話せないんだ。

 

マスコミに取り上げられる河村名古屋市長さんの名古屋弁は、名古屋弁を全国に知ってもらう良いキッカケになっているけれど、私が思うに河村市長さんの名古屋弁はどちらか言うと庶民的、下町な感じの名古屋弁なんだ。

でも、私が聞きたいのは河村市長さんの名古屋弁ではなくて、昔、テレビで見た、どこかの料理屋の大おかみが話していた、とっても優しく、少しテンポのゆっくりした、語尾が柔らかい品の良い名古屋弁(それが私にとっての正調、品のある名古屋弁)、これを聞きたいがため、期待してこの講座に行ってみた。

チケット

参加した感想、期待に反して「ちゃきちゃきな名古屋弁講座」だった。河村市長の名古屋弁とは違うが、私が期待した名古屋弁とも違った。でも、「へぇ〜!初めて知った」という名古屋弁があった。

語尾に「なも」がつくのが名古屋弁だと思っていたら、「なも」ではなく、「えも」が付く名古屋弁もあるそうだ。

普通、話初めに「あのぉ」と言うが、伝統的な名古屋弁だと「あのなも」となる。この場合「あのねぇ」という呼びかけだ。けれど、「あのえも」という語尾になると、どちらかいうと、「あのぉ〜すいませんが」という意味になって、「あのえも」の後にお願い事が来るんだそうだ。これは初めて知った名古屋弁の使い方だった。

 

貰った教材にあるやりとりサンプル:

「ごまゃぁすばせ」

「よぅいらゃぁしたなも」

「やっとかめだなも」

「ほんとにやっとかめだなも。おまめで何よりだがなも」

という具合に、みなさん、練習あそばせ。

ちなみにこの「あそばせ」言葉も名古屋弁だそうだ。それも初めて知った事だ。

 

author:1230fan, category:尾張, 23:07
comments(0), -
名古屋市守山区 東谷山フルーツパーク

東谷山と書いて、「とうごくさん」と読むんだそうだ。ここにやっては来たけれど、その日の目当ては、本当はここの近くの「志段味(しだみ)古墳ミュージアムだった。けれど、行ったら、満車で車が動かず、警備員さんから「近所からクレームが殺到しているから、申し訳ないけど、フルーツパークに車を停めて、バスでここまで来て」と言われたので、フルーツパークにやってきた。

ここに来たら、「もう古墳ミュージアムは今日はいい」と思えて、園内を歩き回ることにした。ここに熱帯果樹の温室があることは知っていたので、まずそこに行った。

結構 大きい。

入口に入ってすぐのお花

温室の入場料は300円だ。バナナとかナツメヤシの木だとか、アボカド、パンノキなど、果樹がいっぱいあった。注意書きに「取ってはいけない」というのが結構あった。そりゃ、そうだろうよ。

サクッと見て、広いパーク内を歩く、山の斜面に色々な果樹が植えられている。「栗」「キウィ」「かりん」「柿」など色々。収穫期には確か食べさせてくれるイベントもある。その日はイベントが無いせいか、園内をプラプラ歩く分にはタダだ。人もそこそこいた。

見た目は紅葉してるが、裏側は緑色だった。

柿畑の近くには、古墳の案内板

古墳の案内板を見つけた。

駐車場近くには、この守山区の史跡散策路の案内板があった。見ると古墳だらけだ。

「古墳時代とか、古代とかが好きな人には、守山区はたまらない場所に違いない」

 

「凄いぞ、守山区。」名古屋のエジプトやん。

もう夕暮れだ。さて、帰るか。

フルーツパークのマルシェで「りんご展」を見て、りんごを1つ買った。

author:1230fan, category:尾張, 21:48
comments(0), -
伝統野菜のランチ会 秋

秋、食欲の秋だ。伝統野菜 秋のランチ会に友人5人と参加した。

野菜ソムリエさんから野菜の話を聞く。面白いことに「秋が旬の野菜は無い」らしい事を教わる。ハロウィーンのかぼちゃは、夏に収穫したものをこの時期まで取っておくので、秋においしく食べてはいるが収穫の最盛期(旬)は夏だそうだ。私も少しだけだが、野菜を育てているので、「秋には旬の野菜が無い」と言われてみると「確かにそうだなぁ」と腑に落ちた。だから、今回のお料理は「夏野菜のおしまい品と冬野菜の出始め品」がメニューになっていた。

かぼちゃは、ちりめんかぼちゃ。ナスは天狗ナス。里芋は八名丸。エリンギは、とっとき一号(伝統野菜ではないが、愛知で作られたエリンギの品種)。にんじんは、木の山にんじん。ふきは、愛知早生ふき。かぶや大根はソムリエさんの畑で収穫したもの。

 

この中に「ふき」がいる事が一番不思議だった。「ふき」は春の野菜でしょ!と思っていたら、この知多半島の「ふき」は年中食べることができるそうだ。けれど、最近は食べる人も少なくなったので、作られる量も減ったとか。

 

以前、伝統野菜の会から頂いた愛知伝統野菜の水彩画パンフ。中に素敵な「ふき」の絵があったので、ここにご紹介します。オリジナルのパンフレットには、絵の下に生産者さんのご紹介がありましたが、ここではお名前を伏せさせて頂き、生産地だけお伝えします。生産地は東海市です。

ふきのあの酸っぱい感じの香りを嗅ぐと春だなぁと思ってきたのですが、年中頂けるものなら、遠慮せず年中頂きますわ、これからは春でも秋でも関係なく。

 

author:1230fan, category:雑感, 00:05
comments(0), -
あ"〜秋空 「りんくうビーチ」 (常滑)

りんくうビーチのチラシを、春先だったか?、見た。で、「いいじゃん。行ってみたいな」とずーっと思っていた。ビーチの駐車場代は春先に見た時には500円とあった筈だったのに、最近見たら初夏から10月末まで1000円とあったので、常滑在住の友人に「どこか近くに安く車を停める場所はないかなぁ」と聞いた。

すると、「イオンモール常滑」の駐車場に停めたら、歩いて行けると教えてくれた。なんでも、りんくうビーチは、そもそもイオンモールから歩いて行けるように設計された人工のビーチらしい。最近は人が結構来るらしいが、オープン当初はその友人曰く「オレのプライベートビーチ」だったそうだ。で、アドバイス通りにイオンモール常滑に車を置いて、キッズ用の公園(キュリオとか言う名前)を通り過ぎて、ビーチの駐車場に到着。

何ここ?西海岸?なんて思う

中央の奥のタワーがセントレアの管制塔だと思う

空港とは反対側は空が明るい

ベンチに座ると、視界にドリームリフターが!

 

人工のビーチだそうだが、全然いい感じである。ベンチに座って海を眺めていると、脱力しちゃって、背中を後ろに倒して、だらしなく空をぐわぁ〜と見上げてしまう。雲が秋の空って感じでいいし、空が高い。少し肌寒かったが、のんびりするには最高だ。セントレアを飛び立つ飛行機が小さいなぁ、なんて思っていたら、妙にずんぐりむっくりのカブトムシの幼虫みたいなのが空に飛び出した。「あれは、、ドリームリフターだな」なんて思いながら、以前ドリームリフターなんて飛行機がある事を教えてくれた友人を思い出しながら、ボケっと海と空とを眺める。

陽が差してきた。そろそろ帰るか・・

帰り、イオンモール常滑で買い物をした。びっくりするほどの距離を歩いて食品売り場に行って帰ってくると、エレベーターに行くまでの途中で未だかつて見たことのない案内板を見つけた。

お祈りの部屋

知らぬ間に、常滑はグローバルな視点を持った国際都市になっていたんだと、これで凄く実感した。

 

author:1230fan, category:知多半島, 21:44
comments(0), -
三谷祭り =陸=

海から上がった山車は近くの若宮八幡神社に向かった。浜辺の大勢のギャラリーも山車の後を追う。

うじゃうじゃ

若宮八幡神社入口

参道を進んで最初の露店の左側の広場に山車が勢ぞろい

このお宮で、今から何が始まろうとしているのか分からなかったが、ほかの人が参道の端でパレードを待つかのように並んでいたので、私もそこに混じった。すると、目の前をお神輿が通り過ぎて階段を上がった本殿に向かっていった。そして、その後、私達の面前の露店前でスタンバイしていた若い男性達がお面をつけて舞を踊り始めた。お面と言っても能面ではなく、神話の神様の顔を描いた今風のマスクのようなお面だった。

この三谷(みや)祭りには、豊川の牛久保で見た「笹踊り」に似た扮装での神楽があると事前に調べて知っていた。私はその「笹踊りに似た神楽」が見たかったので、きっとお社前で披露しているに違いないと思い、お社に向かった。参道の途中、テントがあり、町の婦人会の方が白い割烹着で私達(参拝者)に温かいうどんを振る舞って下さった。思わぬ事で嬉しかった。それに、若い奥さんの白い割烹着姿を本当に久しぶりに見た気がして、「日本的で、とても良いなぁ」と思った。

笹踊りに似た舞

牛久保の笹踊りの衣装と比べると、ここのは特にズボンのところが大きく違った。こちらは、長ズボンではなくて、短パンだ。それに足元も足袋だ。全体には似ているけれど、ちょっと違う。

天狗

天狗は踊らない。何か呪文みたいな言葉を唱えている人の周りをグルグル回る。最後の最後に、呪文を唱えている人の前に座り込んだ数人の氏子さんの肩や頭に、まるで喝を入れるかのように、担いだ棒の先の赤い部分を振り落とす。なんだろう?厄落としなのかな?凄い音で迫力があった。厄落としなら、絶対、厄は落ちたなという勢いだった。

若宮八幡神社

4つの町が山車を引いて海に入った後、この若宮八幡神社の参道で、それぞれの町が神楽だったり、花笠踊りだったり、奴(やっこ)の一団を作って舞を披露しながら、この神社の前まで上がって来て最後の披露をする。参道での最初の舞、階段を上がる前、階段を上がった所、神社前と計4回は舞を披露しているかと思う。大したもんだと感心した。これだけ賑やかだったら、きっと神様はお喜びに違いない。

これぞお祭りって感じ。

author:1230fan, category:東三河, 22:33
comments(0), -
蒲郡 三谷祭り =海=

去年も行こうと思っていたけれど、行かず仕舞い。「今年は絶対に行くぞ」と思って、前の晩、床に就いた。

で、朝、知らぬ間に目覚ましを止めてしまっていた。そして、「うぇ!」と思って、飛び起きた。予定は狂った。

メインイベントは海中渡御(かいちゅうとぎょ)だ。朝10時45分に行われる。急がなくては。。。交通規制と駐車場確保に不安があったので、最寄り駅からJRに乗る。降りる駅はJR三河三谷(みかわみや)。その駅に到着したのは9時半過ぎだった。開始まであと1時間だ。良い場所確保に小走りした。お囃子が聞こえてくる。そして、山車も見えてくる。山車を追い抜き、ともかく海へ先回りだ。

海へ向かう山車

眼前に海

写真の右にある電柱を越したすぐ右にブロック段が5段程度あって、そこに皆が座りだしたので、私も混じって、下から3段目に座る。

写真のずっーと右に山車が4台勢ぞろいする場所がある。そこに向かっていく。

 

左のホテルの前の砂浜を滑り降りて海へ

大勢の引手がグルッとカーブして砂浜へ

砂浜へあがってくる

ほぼ浜へ上陸

隣に座ったご家族が小さな子供に向かって言っていた。

「もうすぐパパがくるよ」

「そら、パパが上がってくるよ。」

「さぁ、お家に帰って、お風呂沸かさなきゃ。」

そのご家族は最後の山車の上陸を待たずに帰って行かれた。

 

author:1230fan, category:東三河, 21:38
comments(0), -
蒲郡 竹島 宇賀神と藤原俊成

久しぶりに蒲郡に行った。竹島の八百富(やおとみ)神社をお参りした。

竹島駐車場から見える桟橋と竹島

桟橋そばの遊歩道

 

竹島は島自体が国の天然記念物だ。これまでにも何度か来ている。境内にはいくつかの神様が祀られているが、「どういう神様ですか?」とか「なぜ貴方がここにいるのですか?」と疑問に思ってきたお社には今まで素通りしてきた。それが、このチョロ活の中で「貴方はそういう神様でしたか」と分かった神様がいたので、今回は「今まで失礼しました」とご挨拶しに来た。

その「どこぞの神様と思ってきた」のは「宇賀神(うがしん)」さん。食物の神様だと案内板にある。これだとピンと来ないんだが、円空仏を荒子観音さんに見に行った時にボランティアのおじさんが「宇賀神というのは、弁天様が白蛇に姿を変えた神様だ」と教えてくれたので、「そういう事か、八百富神社には弁天様が祀られているから、この宇賀神は形を変えた弁天様なんだね」と腹落ちし、今回は気持ちを新たにお参りできた。

宇賀神

千歳神社。藤原俊成をお祀りしている。

次に今までずーっと「なんで、ここに藤原俊成がおるの?意味分からん」と思って素通りしてきた千歳神社。どうして蒲郡に京都の貴族が祀らてるのか、超疑問ですよね。これも岡崎市史を読んでいたら、分かった。祀られている俊成(藤原顕広)は1145年から1149年まで三河守をしていたんだそうだ。八百富神社のパンフにも、俊成の着任期間に当時の竹谷・蒲形の荘園開発を行って、その時に竹島に弁天様を勧請したとある。パンフだけだと、心のどこかで「それって伝説だよね?」って思うところがあったが、歴史書にも同じ事が出てくると「伝説じゃなくて事実なんだ」と納得する。疑り深くてごめんなさいでした。中世史を読むと、武士が出てくる前の時代は京都の貴族が自ら各地の荘園を時々訪ねたようにもあったので、「俊成、もしかして、ここに来たのかな?」と妄想して、今回は手を合わせた。

桟橋近くの俊成像

八大龍神社を下った竜神の松から見える海

訪ねたこの日は令和天皇の即位式の日だった。

早朝の雨が止み、良いお天気だった。

 

author:1230fan, category:東三河, 12:28
comments(0), -
不乗森神社って何と読む?安城市里町

以前行った安城市里町の花の滝跡の近くにある「不乗森神社」に行った。花の滝も、この不乗森神社も、鎌倉街道に面していたとの事で興味を持っていた。この神社の名前、勝手に「ふのりじんじゃ」と呼んでいたが、正しくは「のらずのもりじんじゃ」と言うそうだ。なんでも鎌倉街道を人が通っていた頃、うっそうとした森を行く旅人が道中何事もないよう、馬を降りて、この神社に祈願して旅を続けたところから、「(馬に)不乗森(のらずのもり)」という名前になったとか。神社に入る前にこの里町の史跡地図があり、まじまじと見る。結構興味深いのだ。

 

不乗森神社を中心に切り取り

この地図を見ると「鎌倉街道」と「江戸期の鎌倉街道」の2つがある事が分かる。微妙に違うコースだ。1つじゃなかったんだと驚いた。境内に入ると「見ざる、言わざる、聞かざる」がいた。日光じゃないのに、なんで三猿がいるんだ?と思う。

参拝所の両脇にも猿がいた。大きいの2頭と、ぶら下がりの可愛い小さいのが4頭いた。

ぶらさがり

神猿を「まさる」というそうだ。魔、去るらしい。

この由緒に神社それぞれに神様のお使いの動物がある事が書いてあり、この日吉山王宮不乗森神社は猿だとある。神の使いの猿を「マサル」と言って、近寄ってきた悪魔を退散させる力があるんだそうだ。それだから、旅の道中の無事を祈る旅人が馬から降りてでも、お願いするんだろうなぁとちょっと納得だ。

本殿はかなり品が良い。大きな木もあって、周りの森は昔このあたりに「鬱蒼とした森」だったかもと思わせるような風情がある。

そうだ、これからサル年の年賀状には猿の絵の横に大きく「マサル!」と書くとしよう。なんで俺の名前書くの?と思う相手もチラホラいるが、次の話のネタになる。

author:1230fan, category:西三河, 18:07
comments(0), -
長久手アートフェス

愛知トリエンナーレが世間で話題にされるこの頃だが、この時期、知らないだけで色々な街でアートをテーマにした町イベントがあるようだ。今日は昨日見つけた長久手アートフェスに行ってみた。メイン会場はお休みだったが、普段なかなか行かない場所に行くきっかけとしては良い。カーナビ頼みだ。途中、愛・地球博記念公園を遠目に見る。そういえば、地球博の時は八草駅に来たなぁと通りすがりに思う。長久手アートフェスがいかなるものか全然知らずに、アート作品が飾られているカフェや施設を事前に調べ、ちょっと見てみようと思う場所へ出かけてみた。

途中に見た看板「古戦場通り」とある。

古戦場だけでなく、何気に「首塚」を案内する看板が幹線道路沿いに立っている。さすが、長久手という感じだ。

最初に訪ねた施設で見たアートは、どこにアート作品があるのか分からず、キョロキョロした。ネットに「見上げたところにある」とあったので、「これか」と見つけた。私以外に見る人はいなかった。

次にあるカフェが気になって、車を走らせた。「ここの住所のはずだけど」と住宅街を行く。カーナビの示した場所は「まさか、ここ?違うよね」的な雰囲気の、閉店と思われるカフェがあり、車を止めるのも変な気がして行き過ぎてしまった。写真のイメージに素敵だと妄想してしまったが、どうもイメージとは違ったみたいだ。

さて、「もう どうしよう。手ぶらで帰るか」とぶらつく。町は名古屋に近いこと、大学をたくさん誘致している事、リニモが通っていて、その駅名がいまどきでオシャレ、全体に清潔で、背の高い頑丈なマンションが結構あって、新しい町かと思えば、幹線道路沿いに畑なんかもまだあって、まだまだ発展途中の街という感じがした。

「お茶くらいしよう」とオシャレな感じの名前の喫茶店に入った。すると、ネットで紹介していた作品を飾る店だった。意外に作品がカフェになじんでいて、カフェにいる御客さんは、その絵がアートフェスの作品なんて事には全く気づいていない感じだった。

左奥は紹介されていた作品の一部だと思う。

ブラウニーはカフェの作品

私はそういう物があるから、この街に来たんだが、地元の人にしてみれば、物珍しがって見るほどでもない感じで、普通の生活があるだけだった。これはこれで良いんだろうなぁ、と思いつつ、馴染み過ぎたら、アートは話題にはならないかも知れないなんて事を思った。

 

 

author:1230fan, category:尾張, 21:15
comments(0), -
「じゃんねぇ」の男

今年のNHKの大河ドラマ「いだてん」は始まった頃、人気が無いと言われていた。今はどうなのか、全然聞こえてこないが、私は久しぶりにこの大河ドラマを楽しんでいる。横尾忠則さんの絵も好きだし、ドラマも面白いと思っている。歴史ものの大河も嫌いじゃないけれど、徳川家康とか秀吉とか信長とか、何度も色々な形で出てくる歴史上の人物はどう描かれようが知っている気がして、もういいかぁと思ったりして、ちょっと毛色が違う今のドラマが好きだ。

中でも少し前から主役になっている阿部サダヲさんが面白くて仕方がない。阿部サダヲさんの扮する、浜松出身の田畑政治の使う言葉の語尾「●●じゃんねぇ〜」、これが西三河でも話されている方言そのものじゃんかと思いながら見ている。

調べると、浜松弁というのは無くて、その地域の方言は遠州弁というらしい。番組を見る時、字幕を出して「じゃんねぇ」が出てくるのを「あ!また出てきた!」と楽しんでいる。初めて、阿部サダヲさんが「じゃんねぇ」を使った時、そんな勢い込んで「じゃんねぇ」なんて言ってないじゃんねぇ〜と家族の前で言ったら、「言っとる」と一言で切り捨てられた。

 

たまたま西三河弁と同じ方言を、客観的な立場になって聞いてみると、案外「じゃんねぇ」は自己主張とノリを作る言葉だと感じた。今日も知らずに自分の言葉の語尾に「じゃんねぇ」が付く。そんなに言ってるつもり無いじゃんねぇ〜と思いつつ、言っとるじゃんねぇと小さく独り言。

author:1230fan, category:西三河, 22:24
comments(0), -