RSS | ATOM | SEARCH
碧南にて愛知伝統野菜を頂く

碧南に「一灯」という和食料理店がある。ここで野菜ソムリエから愛知伝統野菜についてのお話を聞いた後、紹介のあった野菜がお料理になって目の前に出てきて、それを食べるというランチ会があった。

友人4人を誘って参加した。愛知に伝統野菜がある事を友人達は知らなかった。だから、とても興味深そうに話を聞き、野菜ソムリエとこのお店の料理人で店主さんに、あれこれ質問をしていた。

この日のメニューは春野菜を主としたお料理だった。野菜のお話の中で興味深かったのは、「愛知早生ふき」は東海市が産地で、他県民はあまり「ふき」を食さないらしい。愛知県が生産量日本一であり、消費も愛知がダントツらしい。「へぇ〜」だ。

メニューはこんな感じだった。

「たまねぎ」「ふき」「たけのこ」「守口漬け」「かりもり」「ファーストトマト」

これは、三河赤鶏の煮物なのだが、これの「あん」が滅茶苦茶おいしかった。それは新たまねぎを使った「あん」で、品よく甘く、正直お皿を舐めたいような美味しさだった。友達2人が「あん」を最後まで平らげようと、「あん」が少し残ったお皿をお店の人が引こうとすると「すいません」と言って、ガードした。「あんた達、何してんの?」と言うと、「だって、これをご飯にかけて食べたいんだもん」と言い出す始末。笑ってしまった。

 

野菜ソムリエさんも料理人さんも碧南出身。碧南は今、農地で野菜作りをしたい人がたくさん居るとの事で、野菜作りからリタイヤするという人がいると、すぐさま、そこを借りたい人が現れるような状況だそうだ。

地元野菜を大切に育て、その魅力を言葉で発信する人、料理にして魅力を引き出し実際に食べて貰って魅力を伝える人、素敵なコンビネーションで地道にファンは増えていると思う。このランチ会、私が知る限りでは、いつも一杯、大盛況。

 

author:1230fan, category:三河, 22:11
comments(0), -
Comment