RSS | ATOM | SEARCH
豊川市 気持ちの良い山寺 財賀寺

「なかなか想像していた以上に、気持ち良い雰囲気だ」と仁王門を見た時に思った。仁王門の両側には筋骨隆々の金剛力士の「あ」と「ん」がいる。インスタ映えさせたいなら、仁王門の下にあるライトアップ用の箱に100円入れると良い。3分だったか、5分だったかライトで金剛力士像が光らせてくれる。

 

ここは、豊川市にある財賀寺だ。三河七御堂の一つだそうだ。私がこのお寺を知ったきっかけは、源頼朝が源家再興のためにここに祈願に来たらしいという事と頼朝の信頼を得ていた安達盛長(あだちもりなが)が三河の守護になった時代にここを再興したらしいと知ったからだ。この仁王門と金剛力士像は国が指定する重要文化財だそうだが、ホントになかなかに見ごたえがあるものだ。

仁王門を通り過ぎると、山を階段で登っていく道と山の斜面を回りながら上がっていく舗装道路とがあったが、階段で登って行く方を選んだ。

なんだか、緑色の穴に落ちて行く感じの写真に見えるが、山を登っていく階段だ。山寺に来たぞ〜という気持ちになる。それに頼朝も来たのかな?階段は無かっただろうから、登るの、大変だっただろうなぁと想像しながら、一歩一歩登った。木々の茂る道で見上げると空はこんな風に見えた。

どこかで見た影絵みたいだと感じた。頼朝はこういうのを見たのかなぁとちょっと妄想。階段を登りきると本堂が出てきた。

軒下を飾る風鐸っぽいのがスズランみたいで可愛い。ほんと、なかなか良い気が巡るような山寺だった。また来たいと思う。

 

 

author:1230fan, category:東三河, 22:20
comments(0), -
Comment