RSS | ATOM | SEARCH
常滑にて 干支飾り と 和菓子

数年前、常滑にある澤田酒造さん(白老さん)の蔵開きを見に、初めて常滑駅で降りた。週末の午前、駅の改札を出ると、笑ってしまうほど多くの、酒蔵を目指す呑み助達が臨時バス乗り場に行列していた。

そのバスに乗り込み、最初に目に止まったのが「常滑屋さん」だった。「常滑って知らないだけであか抜けしてる〜」と思った。

 

 

あれから何年も経ち、先日初めて常滑屋さんに行った。ご店主さんと懇意にされている方に私はお世話になっている事からお話する機会を得た。その日、店の奥でハンドメイドの正月飾りが販売されており、私は常々抱いていたちっぽけな疑問を口にした。

「あの〜干支飾りって1年経ったら捨てるものなんでしょうか?」

「ただのゴミみたいに捨てるのって何か抵抗あるんですが、捨ててもいいんですか?」

 

ご店主さんは親切にも教えて下さった。

「1年で捨てなくても良いと思いますよ」

「干支飾りの処分に抵抗があるなら、常滑で干支置物の供養祭っていうのがあるんですよ」

「そうなんですか!」

いい事聞いた!さすが焼き物の街、心得てるわ!と私は感動した。

詳しく調べると2019年1月8日から陶磁器会館で受付してくれている。

供養感謝祭は1月27日9時30分からだ。この機会にため込んだ干支飾りを広げてみる気になった。やった〜、やった〜だ!

 

もう1つ、常滑屋さんで良い事を知ったと思ったことがある。それは下の和菓子の事。なかなか一捻りある美味しい和菓子だった。どこのお菓子か聞く前にランチメニューに常滑のどこの和菓子屋さんのお菓子か書いてあった。そのお店は、ずっと入ってみようかどうか迷いながら通り過ぎていたお店だったので、次に常滑に行ったら、今度こそ中に入ってみようと思った。さりげない情報発信で地元応援しているのがまた恰好良いなぁと思うお店だ。

 

 

 

author:1230fan, category:知多半島, 00:53
comments(0), -
Comment