RSS | ATOM | SEARCH
小牧山に登る 小牧市

小牧山に行ってきた。

去年の夏の終わりに小牧に初めて行き、その時は夏祭りを見た。ゲストにラッキー池田が来ていたんだ。去年のその時、「街なかに山がある!変なの」と思ったその山が小牧山だった。

いつもの如く、なんとなく「明日の朝は小牧山に行こう」と思い、カーナビ君任せだ。

石柱の張り紙は「コロナ関連の案内」

小牧山の駐車場の1つが閉鎖されていたので、私は北駐車場に車を停めた。到着するまで漠然と小牧山山頂まで車で行けると思い込んでいたので、駐車場に車を停め、「この暑い中、歩くの?うへぇ〜」という気持ちになったが仕方ない。歩き出した。

上の解説に隣接した木立

木立を通り抜けて、山への登り口を上がって行く。驚いたのは、山道だ。舗装が無かった。ちゃんとしたウォーキングシューズとか、トレッキングシューズがあった方が良かったが、私の靴は町歩き用だった。

道が。。。

資料館前い

そんなに歩き時間(10分〜15分位)は長くなかったが、汗だくになった。まだ朝早い時間で、道では地元の方にすれ違ったりした。山頂の資料館にはクーラーが無く、扇風器だけだった。資料館の最上階は展望室。四方の戸が開けられ、涼しい風が吹いていた。そこにはガイドさんがいて、小牧山から見える風景の案内や信長、秀吉、家康の天下取りの話をしてくれた。

小牧山から見える県営名古屋空港

本当に広々した平野にでべそみたいにポコンと小牧山がある事が展望室に立つとよく分かった。今みたいに眼下にビルなんか無かった時代、小牧山から四方に広がる平野を見下ろしたら、「天下を取っちゃうって、こういう事?気分いいじゃん」なんて思うわなぁ〜なんて思った。まっ、信長はこんな軽くは無いだろうと思うけど。

author:1230fan, category:尾張, 12:33
comments(0), -
Comment