RSS | ATOM | SEARCH
内々神社(うつつじんじゃ) 春日井市

志段味古墳ミュージアムにまた行った帰りに春日井市にある「内々神社(うつつじんじゃ)」に寄ってみることにした。カーナビに頼って行く。初めての一般道路を運転。岐阜県多治見市に向かって走らせる。道路はなんだか新しく、緩やかな上り坂を登って行くような感じだった。多治見まであと数キロという標識を見て初めて「春日井市って岐阜県に接する愛知県なんだ」と分かった。

内々神社は、その緩やかな登り坂の一般道を脇道に出て、細い道で森の中を下っていった先にあった。

立派です。

日本武尊(やまとたけるのみこと)とご縁のある神社

多治見に向かう道路の新しさと細い道で森の中を下り下りて出てくる このお社とでは全然違う世界だった。私はちっともスピリチュアル系では無いのに、なぜか、この神社には不思議な雰囲気があるような気がして、ドキドキした。この神社は、案内板によると日本武尊が東征の帰りにここに到着した時に、別隊で駿河にいた副将軍・尾張氏の建稲種命(たけいねたねのみこと)が水死した事を知り、「うつつかな、うつつかな」と嘆き、その霊を祀ったのが、「内々(内津)神社=うつつじんじゃ」の始まりだそうだ。

志段味古墳ミュージアムのセミナーで古墳時代の頃は、庄内川の水運が盛んで、庄内川のあるポイントから陸路で内津峠(うつつとうげ)を通って岐阜の方に上っていく道があったと聞いたばかりだったので、私は本当に日本武尊(やまとたけるのみこと)が、ここに来られても、変じゃないような気になった。神話の中の登場人物から、「ほんとにおったかも知れない人間」に格上げだ。

拝殿

拝殿の裏のお庭・夢窓国師のお庭と言われている

訪ねた日は日曜だった。神社にいた方はおそらく地元の方だと思う。「お庭がどこにありますか?」と尋ね、御朱印をお願いしたら、「無理にとは言わないけれど、良かったらコロナ退散のご祈祷をしたアマビエのお札はどうか?」と言われた。「おいくらですか?」と聞いたら、「無料ですよ」と言われた。御朱印もお金は要らないと言われた。どっちも無料なんて、そんな神社あるのか?とぶったまげた。神社の方はいかにも人が良い地元の人って感じで、ただで貰うなんて悪いなぁと私は思った。人がお金を受け取らないので、神様に気持ちを受け取って頂くこととした。いつものお賽銭に少し嬉しい気持ちを乗せて、納めさせて頂いた。

 

お庭で、カワセミを見た。一瞬の事だったけれど、本当に羽の瑠璃色は綺麗だった。色々嬉しいサプライズがあったから、という訳じゃない、このお社には、なんだか また訪ねたい空気感があった。

 

author:1230fan, category:尾張, 23:36
comments(0), -
Comment