RSS | ATOM | SEARCH
津島線に乗って甚目寺観音へ あま市

甚目寺観音の南大門が鎌倉時代のものだと知って、甚目寺観音に行ってみる事にした。電車で「庄内川」を渡り、津島に行った時と同じ名鉄津島線で「甚目寺(じもくじ)駅」に向かった。この沿線は、信長とその仲間を思い起こさせる尾張の古い町が多いのかな?と思ったりする。

 

甚目寺駅に初めて降りた。町中の小さな駅。駅から徒歩5分くらい。甚目寺観音までの町並みは昭和な感じだった。

最初に目にするのは東門。これは江戸時代の建築だった。東門の左側に目当ての南大門が見えた。「見たかったのは、これだ」と近づいてゆく。

南大門

南大門の前にあった道しるべ。「右 つしま」とある

解説

福島正則が寄進した仁王像

甚目寺観音の伽藍の配置を見ながら、荒子観音と似てるなぁと感じる。あそこは、前田利家の地元だった。ここは、福島正則の地元なのか?甚目寺駅を津島方向に1つ進んだところに「七宝(しっぽう)駅」があるが、七宝駅の近くに前田利家の妻となった「まつ」の生誕の地がある。信長チーム勢ぞろい的な場所で面白い。

甚目寺観音本堂

三重塔 (江戸時代建立)

解説

この前、志段味古墳ミュージアムに行って、古代の庄内川沿いに人が住んでいて、移動に船を使ったと知った。1400年前の地図では、この津島線辺りの場所は海の中にあったり、海に面していた場所ばかりだったように記憶している。

で、また妄想してしまうんだ。古代とか中世は、きっと水上交通の要所に人が多く集まっていたんじゃないか?って。そういう場所がきっと今でいう都会で、豊かな人が比較的多く集まったり、そういう人に近づきたい人が比較的自由に行きかっていたんじゃないのかな?って。信長とその仲間は、そういう場所に出入りした若者だからこそ、何かの刺激を受けて、自分でも何かできると思ったんじゃないのかな??なんて、色々妄想中。

 

三河出身の私の目に、国府宮とか、津島、甚目寺、荒子の雰囲気がなんとなく似ているように見えるのは、やっぱ違いの分からない三河人のせいかも知れない。もうちょっと尾張を歩き回って、違いの分かる三河人になりたいと思う。

 

 

 

author:1230fan, category:尾張, 00:16
comments(0), -
Comment