RSS | ATOM | SEARCH
鹿乗川に沿って探検 安城市

コロナ対策で不要不急の外出はしないようと言われている。なので、安城市に用事が出来たついでに、チョロっと探検に出た。知らなかったが安城市にも結構な歴史がある。特に気になったのは古墳だ。

人から頂いたこの折り畳みパンフレットにあった古墳の中から一番古そうだと思えた姫小川古墳に行ってみた。カーナビで「姫小川古墳」と入れてみたが検索できず、仕方ないのでネット検索して住所を調べた。この姫小川古墳は古墳時代前期(4世紀)の前方後円墳で、円墳の部分の高さが結構ある(高さ9m)。今は後円部に浅間神社がある。

 

姫小川古墳の浅間神社

参道を上がっていく。ここが古墳の後円部にあたるらしい

階段下からの写真

浅間神社

姫小川古墳の周辺は民家が立ち並んでいる。ここがかなり古い時代の古墳だと思われているかどうか?地元の小さな神社という感じで受け入れられているんじゃないかと感じた。最寄り駅は名鉄桜井駅で姫小川町芝山交差点付近に姫小川古墳の案内板はあった。

 

この姫小川古墳のすぐ東に鹿乗川がある。安城市史を読むと、安城市の古い時代の記述に、この鹿乗川は主役級の川として結構登場する。でも、今の鹿乗川は私が目にした限りでは川幅が狭くて、この川の流域に何かあったとは思えない川になっている。

だから、歴史のパンフレットの古墳をや史跡の分布を見ながら、昔はどんな川だったんだろうと想像している。

 

 

 

author:1230fan, category:西三河, 09:13
comments(0), -
Comment