RSS | ATOM | SEARCH
知多市 佐布里池梅林

今年は暖かいので、梅ももう終わりかなぁと思いながら、知多市の佐布里池梅林に行ってみた。この「佐布里池」をなんと読むのか?分からず、知多半島の友達に「なんとか池の梅を見に行く」と言ったら、「あああ、ソーリ池ね」と分かってくれた。「佐布里」で「そうり」と読むそうだ。なかなか読めないと思う。訪ねた日は雨だったせいで、人はそれほどいなかった。

向こうに見える建物に地元産品売り場や食事する場所がある

県内一の約5800本の梅林だそうだ。雨の中、傘を片手に歩き回る。どこまで公園なのか、どっちにどこまで歩けば梅林の終わりなのかがよく分からなかった。果てしないのか?ともかく、自分でここまでと決めてユーターンしてきた。

写真は撮れても、梅の木々の間に漂う甘い香りはお伝えできないのが残念だ。去年、上中にしだれ桃を見に行った時には花は素敵だったが香りを感じることはなかった。やっぱり梅はこの香りが良い。もしかしたら、花は桜や桃より控えめかも知れないけれど、「これは、どこから香ってきているんだろう?」と人を振り返らせる力が梅にはあると思う。

author:1230fan, category:知多半島, 11:21
comments(0), -
Comment