RSS | ATOM | SEARCH
名古屋市守山区 東谷山フルーツパーク

東谷山と書いて、「とうごくさん」と読むんだそうだ。ここにやっては来たけれど、その日の目当ては、本当はここの近くの「志段味(しだみ)古墳ミュージアムだった。けれど、行ったら、満車で車が動かず、警備員さんから「近所からクレームが殺到しているから、申し訳ないけど、フルーツパークに車を停めて、バスでここまで来て」と言われたので、フルーツパークにやってきた。

ここに来たら、「もう古墳ミュージアムは今日はいい」と思えて、園内を歩き回ることにした。ここに熱帯果樹の温室があることは知っていたので、まずそこに行った。

結構 大きい。

入口に入ってすぐのお花

温室の入場料は300円だ。バナナとかナツメヤシの木だとか、アボカド、パンノキなど、果樹がいっぱいあった。注意書きに「取ってはいけない」というのが結構あった。そりゃ、そうだろうよ。

サクッと見て、広いパーク内を歩く、山の斜面に色々な果樹が植えられている。「栗」「キウィ」「かりん」「柿」など色々。収穫期には確か食べさせてくれるイベントもある。その日はイベントが無いせいか、園内をプラプラ歩く分にはタダだ。人もそこそこいた。

見た目は紅葉してるが、裏側は緑色だった。

柿畑の近くには、古墳の案内板

古墳の案内板を見つけた。

駐車場近くには、この守山区の史跡散策路の案内板があった。見ると古墳だらけだ。

「古墳時代とか、古代とかが好きな人には、守山区はたまらない場所に違いない」

 

「凄いぞ、守山区。」名古屋のエジプトやん。

もう夕暮れだ。さて、帰るか。

フルーツパークのマルシェで「りんご展」を見て、りんごを1つ買った。

author:1230fan, category:尾張, 21:48
comments(0), -
Comment