RSS | ATOM | SEARCH
蒲郡 竹島 宇賀神と藤原俊成

久しぶりに蒲郡に行った。竹島の八百富(やおとみ)神社をお参りした。

竹島駐車場から見える桟橋と竹島

桟橋そばの遊歩道

 

竹島は島自体が国の天然記念物だ。これまでにも何度か来ている。境内にはいくつかの神様が祀られているが、「どういう神様ですか?」とか「なぜ貴方がここにいるのですか?」と疑問に思ってきたお社には今まで素通りしてきた。それが、このチョロ活の中で「貴方はそういう神様でしたか」と分かった神様がいたので、今回は「今まで失礼しました」とご挨拶しに来た。

その「どこぞの神様と思ってきた」のは「宇賀神(うがしん)」さん。食物の神様だと案内板にある。これだとピンと来ないんだが、円空仏を荒子観音さんに見に行った時にボランティアのおじさんが「宇賀神というのは、弁天様が白蛇に姿を変えた神様だ」と教えてくれたので、「そういう事か、八百富神社には弁天様が祀られているから、この宇賀神は形を変えた弁天様なんだね」と腹落ちし、今回は気持ちを新たにお参りできた。

宇賀神

千歳神社。藤原俊成をお祀りしている。

次に今までずーっと「なんで、ここに藤原俊成がおるの?意味分からん」と思って素通りしてきた千歳神社。どうして蒲郡に京都の貴族が祀らてるのか、超疑問ですよね。これも岡崎市史を読んでいたら、分かった。祀られている俊成(藤原顕広)は1145年から1149年まで三河守をしていたんだそうだ。八百富神社のパンフにも、俊成の着任期間に当時の竹谷・蒲形の荘園開発を行って、その時に竹島に弁天様を勧請したとある。パンフだけだと、心のどこかで「それって伝説だよね?」って思うところがあったが、歴史書にも同じ事が出てくると「伝説じゃなくて事実なんだ」と納得する。疑り深くてごめんなさいでした。中世史を読むと、武士が出てくる前の時代は京都の貴族が自ら各地の荘園を時々訪ねたようにもあったので、「俊成、もしかして、ここに来たのかな?」と妄想して、今回は手を合わせた。

桟橋近くの俊成像

八大龍神社を下った竜神の松から見える海

訪ねたこの日は令和天皇の即位式の日だった。

早朝の雨が止み、良いお天気だった。

 

author:1230fan, category:東三河, 12:28
comments(0), -
Comment