RSS | ATOM | SEARCH
長興寺の信長に会えた

今年の初め、私は豊田市の長興寺に行き、「この寺に、あの信長の肖像画が贈られ、一周忌法要がされたんだ。いつか本物の信長の肖像画が見たいなぁ」なんて思っていた。

そしたらば、意外に早くその機会がやってきた。豊田市美術館はしばらく改修工事で閉まっていたのが、この6月からリニューアルオープンした。そのリニューアル記念に長興寺の信長像の掛け軸が公開されたのだ。

「行くしか無いでしょ」

その日、駐車場はやたらと混んでいた。こんなに車があるなんて、みんな本当に行先は美術館ですか?と思ったほどだった。館内はまあまあ人がいたが、展示物が人ゴミで見られないという事は全然なかった。

結構車が入っていると思う

これが長興寺の信長。みんなが知っている筈

 

この掛け軸の公開は6月16日(日)まで。リニューアル記念と言っても、入場料は大人300円で超お手ごろだ。色々な作品はあったが、私の目当ては長興寺の「紙本著色織田信長像」だったので、信長の前を行ったり来たり、多分5回くらいはケースに鼻をひっつけて見ていたと思う。掛け軸の絵の下の漢文をじっと読む。その漢文は私でも読めるほどの内容で、奉納者の与語さんの名前があった。豊田市郷土資料館で聞いた通りだと思った。私の年始の希望はこれで叶えられたって訳だ。やったー!

美術館のレストランは経営する会社が変わったらしく、メニューは少し変わっていた。しかし、眺めは相変わらず良い。

author:1230fan, category:西三河, 00:05
comments(0), -