RSS | ATOM | SEARCH
稲沢市祖父江 イチョウ黄葉まつり 2

去年のイチョウ黄葉まつりには友人と一緒に出かけたが、今年、彼女の都合が合わず、私は一人で行った。そして、見て回って、美しいと思ったイチョウの写真を彼女にラインした。彼女はとても感動したと言ってくれた。

友人の義母さんは、この稲沢市に暮らしているそうだ。これまで秋になると地元名産の「ぎんなん」を彼女にくれていたそうだ。しかし、彼女は「ぎんなん」を落とすイチョウの素晴らしい黄葉が、この稲沢市祖父江にある事を去年まで、ずっと知らずにいたんだそうだ。黄葉の写真に感動した彼女は、どうも義母さんに連絡を取ったようだ。この週末に、まだ残っているかも知れないイチョウを義母さんと一緒に見て回ると言っていた。

名鉄尾西線の山崎駅を降りると、イチョウ黄葉祭りの会場だ

祖父江の銀杏を有名にした原木。

銀杏にブランドがあるとこの時初めて知った。

残った1本の原木

これは山崎駅近くの観賞用の公園

これも観賞用の公園

これは住宅地の中にある、たぶん畑。

足元にビニールシートもあったけど、

素敵。

写真をバシバシ撮っていたおじさま数名が「若い人は銀杏畑をそのうち管理しなくなるから、そう遠くない未来には、この光景も見られなくなるかも知れないなぁ」と話していた。私は「確かにそうかも」と内心思いつつ、でも、去年の祭り主催者の若者みたいに、このイチョウ畑の素晴らしさを分かっている子もいるのだから、イチョウが無事残ると希望は持っていたいと思っている。

 

さて、明日か?明後日か?、友人が義母さんとのイチョウの黄葉狩りを楽しめるといいなぁと思う。

author:1230fan, category:尾張, 00:02
comments(0), -
リターン 黄葉祭り 祖父江1

昨年の今頃も祖父江の「イチョウの黄葉祭り」に来ていた。その時は生まれて初めてで、行った時間帯は夜だった。日が落ちて、ライトを当てられた銀杏以外に黄葉を楽しめず、「期待していたのと違うなぁ」と思っていた時、たまたま話をした主催者側の若者が「次はもっと良いものにします」と私の気持ちを読み取ったのかのように言った。その言葉に「心意気」を感じたので、今年もまた、今度は昼間にやってきた。来てみて去年とは全然違うと分かった。空は青空、秋から冬への気候で、銀杏は青空の下、素晴らしく黄色だった。

会場のお寺までの道にあった銀杏

お寺会場

あの若者がいたお寺の会場に来た。テントの下には地元のご年配が結構いた。何か楽しそうだ。私は今年ここに、昼間やってきてラッキーだと思った。昼間と夜とでは全然違う。青空と太陽に黄色い葉っぱの映えること、映えること。

色づく銀杏畑

細い路地を黄色を目指して、次から次へと適当に歩く。

街路樹はピンク、遠くの空は青、その下の森は黄色

銀杏の匂いがプンプンするけど、それが良い。自分にとっての最高の黄金の森を探して歩き続ける。こんなに黄色の森を巡り歩くのは人生初だ。

秋のフランスには行った事がないけど、フランスっぽいなぁと妄想

日にあたると、レモンイエローになって最高

という訳で、ここまで最高。この後、もっと最高〜!を見つけたので、また後日ご紹介します。

author:1230fan, category:尾張, 22:20
comments(0), -
豊田市 大塚古墳

豊田市の松坂屋で歴史教室のお仲間と合流して、路線バスに乗った。バスの行先は「記念病院行き」だった。病院までの途中にある「今町1丁目」でバスを降り、お仲間の後について歩き始めた。コンビニがあったりして、幹線道路のそばの住宅街は割合新しい家ばかりで、こんなところに古墳なんかあるのか?と思うような場所だった。電柱の行先表示板をうっかり見逃し、行き過ぎて、また戻るという事をした。少し先にあるこんもりした森をみんなで「あれが、古墳かなぁ?」なんて指さしていたが、それは古墳じゃなくて森だった。古墳は住宅の裏手にあって、あるお宅のすぐ横、普段は猫くらいしか通らないんじゃないか?というような細道を行った先にあった。

 

六世紀の古墳で西三河最大の規模だそうだ

この案内板に埋葬品がいくつか紹介されているが、このうちの直刀を、私は以前、豊田市郷土資料館で見たことがあった。とても長い刀で絶対腰に下げられるような代物ではなかった。記憶では長さが180センチくらい、とんでもなく長かったように記憶している。「こんな重たくて長い刀を持ち上げられるのか?」と思ったので、よく覚えている。「あれが出てきた場所がここか〜」と思いながら、古墳をぐるっと見る。

結構立派

発掘された場所は、写真のように頑丈なカバー(鉄骨フレームと強化ガラスっぽいもの)で覆われている。中はガラス越しに覗ける。とんでもなく大きな塚だったから、「大塚」と呼ばれていたんだ。そうか、じゃあ、全国の大塚って、おおき目の古墳があった場所かなぁ〜?なんて、また妄想。

author:1230fan, category:西三河, 00:28
comments(0), -
瀬戸に行った

瀬戸に何しに?

有名な「せともの市(いち)」にはまだ行った事が無い。今回は愛知県国登録有形文化財建造物所有者の会(愛知登文会)が主催する「あいちのたてもの博覧会」の瀬戸を見学するツアーに申し込んだ。まっ、知る人ぞ知るのイベントだと思う。去年は豊橋の公会堂を見に行ったが、今年の行先は瀬戸にしたんだ。

地元の瀬戸市から参加した人は1人だったかな。全部で30〜50人位だから、あと残り29〜49人は地元民以外の人。たぶん、隅っこ、つっつくのが面白い人達だ、きっと。集合場所は深川神社だったが、駐車場を探して深川神社を通り過ぎたら、恐ろしく細い道、どこに出るのか分からない道をずんずん突き進むことになり、途中対向車が来て、とんでもなく怖かった。それが一番の思い出になった。

7・5・3で家族連れが結構いた。

結局なんとか、細い道地獄を脱出して、瀬戸蔵(せとぐら)という施設の駐車場に車を停めて、深川神社に徒歩で向かうことにしたのだが、その瀬戸蔵の瀬戸物が気に入ってしまい、町を見て回ってから、あれこれ買い物してしまった。

施設の前にある案内板

御手頃な黄瀬戸

たてもの博覧会は10月の下旬から11月下旬の間に愛知県下の登録文化財の建物、ふだんは見せてくれないような建物を見せてくれるツアーで、案内役は市役所の人やあいちヘリテージマネージャーがやってくださる。それが無料なのだ。

今回は建物よりも瀬戸物に心惹かれてしまったけれど、それでも来て良かったと思った。

 

 

 

author:1230fan, category:尾張, 00:30
comments(0), -
やっとかめ文化祭で名古屋弁講座を受ける

10月26日から11月17日の間、名古屋の地元文化を色々な形で発信するイベント「やっとかめ文化祭」が開催された。3年前に初めて知って、2年前に初めて「名古屋の和菓子屋さんから和菓子作りを学ぶ講座」に参加し、今年は「正調名古屋弁を学ぶ」講座に参加した。

やっとかめ文化祭のチラシ

「愛知県人なのに、わざわざ名古屋弁講座に行くの?」と、さも言いたそうな顔で笑った他県民の知り合いがいた。笑ってしまう気持ちはよく分かったので、私は大真面目に言った。「あたし、愛知県民だけど、名古屋人じゃないもんで、ちゃんとした名古屋弁が話せないじゃんねぇ〜。それに久しく品の良い名古屋弁を聞いてないもんで、聞きたいじゃんねぇ」私の言葉は西三河弁だ。名古屋弁の特徴的な語尾はマネできても、本物の名古屋弁は話せないんだ。

 

マスコミに取り上げられる河村名古屋市長さんの名古屋弁は、名古屋弁を全国に知ってもらう良いキッカケになっているけれど、私が思うに河村市長さんの名古屋弁はどちらか言うと庶民的、下町な感じの名古屋弁なんだ。

でも、私が聞きたいのは河村市長さんの名古屋弁ではなくて、昔、テレビで見た、どこかの料理屋の大おかみが話していた、とっても優しく、少しテンポのゆっくりした、語尾が柔らかい品の良い名古屋弁(それが私にとっての正調、品のある名古屋弁)、これを聞きたいがため、期待してこの講座に行ってみた。

チケット

参加した感想、期待に反して「ちゃきちゃきな名古屋弁講座」だった。河村市長の名古屋弁とは違うが、私が期待した名古屋弁とも違った。でも、「へぇ〜!初めて知った」という名古屋弁があった。

語尾に「なも」がつくのが名古屋弁だと思っていたら、「なも」ではなく、「えも」が付く名古屋弁もあるそうだ。

普通、話初めに「あのぉ」と言うが、伝統的な名古屋弁だと「あのなも」となる。この場合「あのねぇ」という呼びかけだ。けれど、「あのえも」という語尾になると、どちらかいうと、「あのぉ〜すいませんが」という意味になって、「あのえも」の後にお願い事が来るんだそうだ。これは初めて知った名古屋弁の使い方だった。

 

貰った教材にあるやりとりサンプル:

「ごまゃぁすばせ」

「よぅいらゃぁしたなも」

「やっとかめだなも」

「ほんとにやっとかめだなも。おまめで何よりだがなも」

という具合に、みなさん、練習あそばせ。

ちなみにこの「あそばせ」言葉も名古屋弁だそうだ。それも初めて知った事だ。

 

author:1230fan, category:尾張, 23:07
comments(0), -
名古屋市守山区 東谷山フルーツパーク

東谷山と書いて、「とうごくさん」と読むんだそうだ。ここにやっては来たけれど、その日の目当ては、本当はここの近くの「志段味(しだみ)古墳ミュージアムだった。けれど、行ったら、満車で車が動かず、警備員さんから「近所からクレームが殺到しているから、申し訳ないけど、フルーツパークに車を停めて、バスでここまで来て」と言われたので、フルーツパークにやってきた。

ここに来たら、「もう古墳ミュージアムは今日はいい」と思えて、園内を歩き回ることにした。ここに熱帯果樹の温室があることは知っていたので、まずそこに行った。

結構 大きい。

入口に入ってすぐのお花

温室の入場料は300円だ。バナナとかナツメヤシの木だとか、アボカド、パンノキなど、果樹がいっぱいあった。注意書きに「取ってはいけない」というのが結構あった。そりゃ、そうだろうよ。

サクッと見て、広いパーク内を歩く、山の斜面に色々な果樹が植えられている。「栗」「キウィ」「かりん」「柿」など色々。収穫期には確か食べさせてくれるイベントもある。その日はイベントが無いせいか、園内をプラプラ歩く分にはタダだ。人もそこそこいた。

見た目は紅葉してるが、裏側は緑色だった。

柿畑の近くには、古墳の案内板

古墳の案内板を見つけた。

駐車場近くには、この守山区の史跡散策路の案内板があった。見ると古墳だらけだ。

「古墳時代とか、古代とかが好きな人には、守山区はたまらない場所に違いない」

 

「凄いぞ、守山区。」名古屋のエジプトやん。

もう夕暮れだ。さて、帰るか。

フルーツパークのマルシェで「りんご展」を見て、りんごを1つ買った。

author:1230fan, category:尾張, 21:48
comments(0), -
伝統野菜のランチ会 秋

秋、食欲の秋だ。伝統野菜 秋のランチ会に友人5人と参加した。

野菜ソムリエさんから野菜の話を聞く。面白いことに「秋が旬の野菜は無い」らしい事を教わる。ハロウィーンのかぼちゃは、夏に収穫したものをこの時期まで取っておくので、秋においしく食べてはいるが収穫の最盛期(旬)は夏だそうだ。私も少しだけだが、野菜を育てているので、「秋には旬の野菜が無い」と言われてみると「確かにそうだなぁ」と腑に落ちた。だから、今回のお料理は「夏野菜のおしまい品と冬野菜の出始め品」がメニューになっていた。

かぼちゃは、ちりめんかぼちゃ。ナスは天狗ナス。里芋は八名丸。エリンギは、とっとき一号(伝統野菜ではないが、愛知で作られたエリンギの品種)。にんじんは、木の山にんじん。ふきは、愛知早生ふき。かぶや大根はソムリエさんの畑で収穫したもの。

 

この中に「ふき」がいる事が一番不思議だった。「ふき」は春の野菜でしょ!と思っていたら、この知多半島の「ふき」は年中食べることができるそうだ。けれど、最近は食べる人も少なくなったので、作られる量も減ったとか。

 

以前、伝統野菜の会から頂いた愛知伝統野菜の水彩画パンフ。中に素敵な「ふき」の絵があったので、ここにご紹介します。オリジナルのパンフレットには、絵の下に生産者さんのご紹介がありましたが、ここではお名前を伏せさせて頂き、生産地だけお伝えします。生産地は東海市です。

ふきのあの酸っぱい感じの香りを嗅ぐと春だなぁと思ってきたのですが、年中頂けるものなら、遠慮せず年中頂きますわ、これからは春でも秋でも関係なく。

 

author:1230fan, category:雑感, 00:05
comments(0), -
あ"〜秋空 「りんくうビーチ」 (常滑)

りんくうビーチのチラシを、春先だったか?、見た。で、「いいじゃん。行ってみたいな」とずーっと思っていた。ビーチの駐車場代は春先に見た時には500円とあった筈だったのに、最近見たら初夏から10月末まで1000円とあったので、常滑在住の友人に「どこか近くに安く車を停める場所はないかなぁ」と聞いた。

すると、「イオンモール常滑」の駐車場に停めたら、歩いて行けると教えてくれた。なんでも、りんくうビーチは、そもそもイオンモールから歩いて行けるように設計された人工のビーチらしい。最近は人が結構来るらしいが、オープン当初はその友人曰く「オレのプライベートビーチ」だったそうだ。で、アドバイス通りにイオンモール常滑に車を置いて、キッズ用の公園(キュリオとか言う名前)を通り過ぎて、ビーチの駐車場に到着。

何ここ?西海岸?なんて思う

中央の奥のタワーがセントレアの管制塔だと思う

空港とは反対側は空が明るい

ベンチに座ると、視界にドリームリフターが!

 

人工のビーチだそうだが、全然いい感じである。ベンチに座って海を眺めていると、脱力しちゃって、背中を後ろに倒して、だらしなく空をぐわぁ〜と見上げてしまう。雲が秋の空って感じでいいし、空が高い。少し肌寒かったが、のんびりするには最高だ。セントレアを飛び立つ飛行機が小さいなぁ、なんて思っていたら、妙にずんぐりむっくりのカブトムシの幼虫みたいなのが空に飛び出した。「あれは、、ドリームリフターだな」なんて思いながら、以前ドリームリフターなんて飛行機がある事を教えてくれた友人を思い出しながら、ボケっと海と空とを眺める。

陽が差してきた。そろそろ帰るか・・

帰り、イオンモール常滑で買い物をした。びっくりするほどの距離を歩いて食品売り場に行って帰ってくると、エレベーターに行くまでの途中で未だかつて見たことのない案内板を見つけた。

お祈りの部屋

知らぬ間に、常滑はグローバルな視点を持った国際都市になっていたんだと、これで凄く実感した。

 

author:1230fan, category:知多半島, 21:44
comments(0), -
三谷祭り =陸=

海から上がった山車は近くの若宮八幡神社に向かった。浜辺の大勢のギャラリーも山車の後を追う。

うじゃうじゃ

若宮八幡神社入口

参道を進んで最初の露店の左側の広場に山車が勢ぞろい

このお宮で、今から何が始まろうとしているのか分からなかったが、ほかの人が参道の端でパレードを待つかのように並んでいたので、私もそこに混じった。すると、目の前をお神輿が通り過ぎて階段を上がった本殿に向かっていった。そして、その後、私達の面前の露店前でスタンバイしていた若い男性達がお面をつけて舞を踊り始めた。お面と言っても能面ではなく、神話の神様の顔を描いた今風のマスクのようなお面だった。

この三谷(みや)祭りには、豊川の牛久保で見た「笹踊り」に似た扮装での神楽があると事前に調べて知っていた。私はその「笹踊りに似た神楽」が見たかったので、きっとお社前で披露しているに違いないと思い、お社に向かった。参道の途中、テントがあり、町の婦人会の方が白い割烹着で私達(参拝者)に温かいうどんを振る舞って下さった。思わぬ事で嬉しかった。それに、若い奥さんの白い割烹着姿を本当に久しぶりに見た気がして、「日本的で、とても良いなぁ」と思った。

笹踊りに似た舞

牛久保の笹踊りの衣装と比べると、ここのは特にズボンのところが大きく違った。こちらは、長ズボンではなくて、短パンだ。それに足元も足袋だ。全体には似ているけれど、ちょっと違う。

天狗

天狗は踊らない。何か呪文みたいな言葉を唱えている人の周りをグルグル回る。最後の最後に、呪文を唱えている人の前に座り込んだ数人の氏子さんの肩や頭に、まるで喝を入れるかのように、担いだ棒の先の赤い部分を振り落とす。なんだろう?厄落としなのかな?凄い音で迫力があった。厄落としなら、絶対、厄は落ちたなという勢いだった。

若宮八幡神社

4つの町が山車を引いて海に入った後、この若宮八幡神社の参道で、それぞれの町が神楽だったり、花笠踊りだったり、奴(やっこ)の一団を作って舞を披露しながら、この神社の前まで上がって来て最後の披露をする。参道での最初の舞、階段を上がる前、階段を上がった所、神社前と計4回は舞を披露しているかと思う。大したもんだと感心した。これだけ賑やかだったら、きっと神様はお喜びに違いない。

これぞお祭りって感じ。

author:1230fan, category:東三河, 22:33
comments(0), -
蒲郡 三谷祭り =海=

去年も行こうと思っていたけれど、行かず仕舞い。「今年は絶対に行くぞ」と思って、前の晩、床に就いた。

で、朝、知らぬ間に目覚ましを止めてしまっていた。そして、「うぇ!」と思って、飛び起きた。予定は狂った。

メインイベントは海中渡御(かいちゅうとぎょ)だ。朝10時45分に行われる。急がなくては。。。交通規制と駐車場確保に不安があったので、最寄り駅からJRに乗る。降りる駅はJR三河三谷(みかわみや)。その駅に到着したのは9時半過ぎだった。開始まであと1時間だ。良い場所確保に小走りした。お囃子が聞こえてくる。そして、山車も見えてくる。山車を追い抜き、ともかく海へ先回りだ。

海へ向かう山車

眼前に海

写真の右にある電柱を越したすぐ右にブロック段が5段程度あって、そこに皆が座りだしたので、私も混じって、下から3段目に座る。

写真のずっーと右に山車が4台勢ぞろいする場所がある。そこに向かっていく。

 

左のホテルの前の砂浜を滑り降りて海へ

大勢の引手がグルッとカーブして砂浜へ

砂浜へあがってくる

ほぼ浜へ上陸

隣に座ったご家族が小さな子供に向かって言っていた。

「もうすぐパパがくるよ」

「そら、パパが上がってくるよ。」

「さぁ、お家に帰って、お風呂沸かさなきゃ。」

そのご家族は最後の山車の上陸を待たずに帰って行かれた。

 

author:1230fan, category:東三河, 21:38
comments(0), -